企業情報

TOP > 企業情報 > 会社案内 > 環境保全・社会貢献

会社案内

環境保全・社会貢献

  • ごあいさつ
  • シヤチハタ商品
  • 研究開発
  • 生産・物流
  • 販売・サービス
  • 環境保全・社会貢献
  • シヤチハタのあゆみ
  • 会社概要
  • 電子公告
環境保全は全部門のミッション。

省資源、リサイクル、そして環境対応型商品の開発など。持続可能な社会を実現することをめざし、シヤチハタでは「エコ・アクション」を核にすべての部門で環境保全活動を推進しています。

洗浄用アルコールを再利用

アルコール蒸留還元装置

洗浄用アルコールを再利用

インキ製造ラインの洗浄に使用するアルコールを蒸留還元装置で再生し、再利用します。そのため新たに購入するアルコールは使用量の1割程度。購入分も外部で再生されたアルコールです。今後もこうしたリサイクルを積極推進します。

製造過程で生まれる「塩水」を再資源化

廃水処理施設

製造過程で生まれる「塩水」を再資源化

インキを浸透させるスポンジ状ゴムを製造する過程で生まれる「塩水」。これを水と塩に分離して水を浄化し、純水として稲沢工場で再利用しています。

ISO14001の認証を取得

2000年9月に生産本部において環境保全に関する国際規格「ISO14001」の認証を取得。マネジメントシステムの維持管理に努めています。

地域の皆様のために。子どもたちのために。

地球社会のよき企業市民であるために、シヤチハタでは社会貢献活動を重視しています。道路や駅、公園など周辺の清掃活動から会社組織として行う国際規模の支援活動まで、その活動は多岐に渡ります。

別注品生産システム
別注品生産システム

「スポーツが楽しめる環境を未来に残そう」という理念に賛同し、活動をサポートしています。2005年の「愛・地球博」においてはGSA主催のスポーツサミットに特別協賛。シヤチハタのパビリオン内ではエコ・パスポートを発行し、アスリートからのメッセージを刻んだスタンプを子どもたちに捺してもらうことを通じて地球を愛するマインドを育む活動を行いました。

※GSA(グローバル・スポーツ・アライアンス) スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

別注品生産システム

UNEP事務局長Achim Steiner氏と

別注品生産システム

シヤチハタでは、国連機関の「国連環境計画(UNEP)」の活動を継続的に支援しています。子どもたちによる国際会議の開催にあたっては文房具等を寄付。2006年にはマレーシア政府から感謝状を授与されました。

※UNEP(United Nations Environment Programme/国連環境計画) 環境分野を対象に国連活動・国際協力活動(オゾン層保護、気候変動、有害廃棄物、海洋環境保護、水質保全、土壌の劣化の阻止、森林問題等)を行う機関。

CSR活動はコチラから

 
PAGE TOP