eponte

おす。あそぶ。まなぶ。

クリエイティブイマジネーション’’そうぞう”することで、子どもの『可能性』を育む

どもたちの好きなアクション(たとえば『おしたり』『ぬったり』『まげたり』)を通じて、子どもたちが大好きな 『あそび』 のカタチを提供する。そんな可能性を持った玩具があれば、子どもたちのそれぞれの持ち味や能力、想像力を、楽しみながら効果的に育むことが出来ると思いませんか?

クリエイティブ・イマジネーション・トイの監修者の内田伸子先生(発達心理学者・お茶の水女子大学名誉教授)によると、個性や“そうぞう”力(想像力・創造力)を育むための玩具に大切なのは、『正解が1つではなく、どの方向にも発想を自由に広げられるおもちゃ』であり、お子さんが飽きずに繰り返しあそべるものだということです。そのアドバイスに加えて、子どもたちに実際におもちゃであそんでもらい、改善するためのモニター調査を繰り返すことで、子どもたちが楽しめるおもちゃを開発しました。使い方は簡単で、『おす』だけで色んなパターンができあがります。使い方に苦労がない分、想像の世界を膨らませる方に頭が使えるので、指先があまり器用でないお子さんにも楽しんでいただけます。こうしてできあがったのが、クリエイティブ・イマジネーション・トイのエポンテです。

e

エポンテ(eponte)とは「EDUCATION(教育)」+「絵」+「ポンっておす」+「手」からなる新造語です。形や手触り、パズルなど、お子さんが直接触れて楽しめる、カラフルなツールです。
子どもは手の運動があまり発達していない時期には、自分でイメージを上手に紙の上に表現することは出来ません。ですが、このエポンテを使うことによって、人間や建物、木などの造形を考えながら表現することができるようになります。 組み合わせを楽しむことで、あそびながら、いつの間にか想像力や創造性がどんどん育まれていくのです。
profile

内田先生 プロフィール

今回監修をつとめさせて頂きました。という幼児向けの、人にとって言葉とは、考える手段であり、今回監修をつとめさせて頂きました。という幼児向けの、今回監修をつとめさせて頂きました。という幼児向けの、人にとって言葉とは、考える手段であり。