東京大学がエポンテで遊びと学びの公園に!エポンてパークで遊ぼう!

エポンテ パーク

主催・CANVAS / 協賛・Shachihata

  • チェック
この日のみんなの遊び道具はなんと “スタンプ”でもただの “スタンプ” じゃなくって、ちょっとふしぎで・新しいスタンプ「エポンテ」。そんな「エポンテ」とみんなのカラダとアタマを使って、みんなでいろんな遊びを作ろう!
ワークショップ内容

スタンプのようでスタンプじゃない。スタンプじゃないようでスタンプ。
こどもたちの想像次第で、エポンテの使い方の可能性は広がります。
そして、そんな広がりのある道具が、こどもたちの創造力を育みます。
おしたり・ぬったり・積んだり・転がしたり。
カラダをつかって、お絵かき・模様をつくる。デザインする。遊びをつくる。
いろんな素材とエポンテで、いろんな創作をしてみましょう。

エポンテパーク開催概要

日程:2015年3月7日(土)※ 終了致しました。
会場: 東京大学本郷キャンパス
    情報学環・福武ホール シアター・スタジオ(会場について
内容: ① ワークショップ ② 講演
対象: ① 主に3才~小学生低学年とその保護者
    ② 保護者、保育関係にお勤めの方、一般の方
時間: ① 10:30~17:00
    ② 14:00〜(予定)
参加費: 無料
参加方法: ① 随時参加形式 / 事前予約不要
      ② 当日、直接会場へお越しください

※会場の定員を超えるご参加をいただいた場合は、
 入場制限を設ける場合があります。

事前にエントリーされた方にはエポンテを抽選でプレゼント! ▶ いますぐエントリーする 抽選結果はイベント当日エポンテパーク会場にて発表します。

※掲載写真には、エポンテ以外の商品も写っています。

例えばエポンテ×ファッション 鞄やブローチ、帽子に洋服。エポンテでオリジナルブランドを作っちゃおう!
例えばエポンテ×きみのアイデア 紙芝居やカレンダー、すごろくに紙相撲。いつもの遊びにエポンテとアイデアを!
遊びと学びのエポンテパーク
講演内容

エポンテを監修している発達心理学の権威、
お茶の水女子大学名誉教授・内田伸子先生が
子どもにとっての「遊びと学び」について講演します。
日頃の子育てや幼稚園での保育に役立つ情報が満載です。
保護者の方はもちろんのこと、保育関係にお勤めの方など、
どなたでも予約なしで気軽に参加いただけます。
この貴重な機会に、みなさま奮ってご参加ください。

内田伸子先生

発達心理学者。お茶の水女子大学名誉教授。
お茶の水女子大学大学院修了。学術博士。専攻は発達心理学、認知心理学。
主な著書に『世界の子育て格差―子どもの貧困は超えられるか』(金子書房)、『お母さん知っていますか?子どもの「つまずき」には理由がある!』(PHP研究所)、『子育てに「もう遅い」はありません』(冨山房インターナショナル)など。

想像力・創造力を育てる クリエティブ・イマジネーション・トイ

「エポンテ」は、あそびを通じて想像性・創造性を育む事を目指し、発達心理学の権威である内田伸子先生監修のもと開発した、3才からあそべる知育スタンプ。発達心理学の領域では、3才~5才の時期に想像力・創造力を育む刺激を受けることは、知識づくりにも影響することが分かっています(※)。さらに、スタンプは手があまり発達していない時期でも頭の中のイメージを表現しやすいため、想像力や創造力を豊かにする手助けになると期待されています。「エポンテ」は、そんな発達心理学の考えにのっとり、手があまり発達していない3才~5才の時期から使用でき、使う子どもによって使い方に工夫ができることを重視して開発しました。
※ 出典:内田伸子・浜野隆(編著)『世界の子育て格差‐子ども貧困は超えられるか』金子書房 2012)

抽選でエポンテをプレゼント!

こどもたちの想像力・創造力を育むエポンテを抽選でプレゼント! ※ プレゼントの応募は終了致しました。

抽選は終了いたしました。

エポンテパークQ&A

ー 保護者が講演会に参加して、こどもだけがワークショップに
  参加することはできますか?

未就学児のお子様の場合、ワークショップには保護者の方の同伴をお願いしておりますが、小学生のお子様の場合、そのようなことも可能です。

ー スタンプのインキが服についたら?

専用インキは全て、お子様への安全性に配慮し、また衣服に付いても洗濯で落としやすい食用色素を使用した水性染料インキを採用しています。

※ 衣類の生地やインキ色によって、落としにくいものもあります。 
※ 壁紙やカーペットなど、洗濯ができない場所にインキがつくと落ちませんので  充分にご注意ください。

エポンテパークからのお願い

当日の様子についての写真・動画像や感想文・作品などは、主催・関連団体の業務(ウェブへの掲載を含む)に使用する場合があります。

また、会場に新聞やテレビなどの取材が入る場合があります。これらをご了解の上、ご参加くださいますようお願いします。

主催・CANVAS 協賛・Shachihata

・商品(エポンテ)に関するお問い合わせはコチラ