プレスリリース

TOP > プレスリリース一覧 > 想像性・創造性を育む“クリエイティブ・ワークショップイベント”第二弾! 渋谷のビル壁を“遊びと学びの森”に!「エポンテの森」開催!
2015年7月

想像性・創造性を育む“クリエイティブ・ワークショップイベント”第二弾!
渋谷のビル壁を“遊びと学びの森”に!「エポンテの森」開催!
2015年8月22日(土)「ワークショップコレクション11 in シブヤ」プレイベント

 シヤチハタ株式会社※1(代表取締役社長 舟橋正剛 本社:愛知県名古屋市)は、この度、知育スタンプ「エポンテ」を通じて、新しいあそびの形を体感いただくワークショップイベント「エポンテパーク」の第二弾となる「エポンテの森」を、2015年8月29日(土)・30日(日)に開催予定の「ワークショップコレクション11 in シブヤ」のプレイベントとして、2015年8月22日(土)に渋谷TODビル2階北にて開催※2します。
※1 社名表記は「シャチハタ」ではなく「シヤチハタ」です。
※2 主催はNPO法人CANVAS及びシヤチハタ株式会社です。

 「エポンテ」は、あそびを通じて想像性・創造性を育む事を目指し、発達心理学の権威である内田伸子先生監修のもと開発した、3才からあそべる知育スタンプです。発達心理学の考えにのっとり、手があまり発達していない3才~5才の時期から使用でき、使う子どもによって使い方に工夫ができることを重視して開発しました。
 「エポンテパーク」は、親子でこれからの幼児教育の形を考え体感できる“クリエイティブ・ワークショップ・イベント”として、2015年3月7日(土)に東京大学にて第一弾を開催いたしました。この度開催する「エポンテの森」は、来場者数10万人を越え、世界最大のこども創作イベントと評されるワークショップイベント「ワークショップコレクション 11 in シブヤ」のプレイベントとして開催いたします。当日は、東京都渋谷区内の取り壊し前のビルの部屋の壁、全面をキャンバスに見立て、自由な発想で真っ白な壁にストーリーを与え、子どもたちみんなで「エポンテの森」を描いていきます。参加する子どもたちは、耳や尾っぽ、帽子などを「エポンテ」で手作りし、「エポンテの森」に住む住人になりきってワークショップに参加していただきます。

エポンテパーク「エポンテの森」イベント概要

■ 実施日時 2015年8月22日(土)
①10:00-11:15(幼児クラス) ②11:30-12:45(小学生クラス)
③14:00-15:15(幼児クラス) ④15:30-16:45(小学生クラス)
■ 会場 渋谷TODビル2階北
■ 内容 ワークショップ
■ 対象 幼児クラス:未就学児4歳以上
小学生クラス:主に小学1~3年生
*どちらのクラスも保護者同伴でお越しください。
■ 定員 各回25名
■ 参加費 無料
■ 参加方法 特設サイトの申し込みフォームより、お申込みください。
お申込みいただいた中から抽選でのご招待となります。
■ 特設サイト http://wsc.or.jp/workshop/special/article/1714.html
※こちらはNPO法人CANVASのWEBサイトになります。


からだ・あたまを使って物語をつむぐ「エポンテの森」

「エポンテ」は、アイデア次第で使い方が無限に広がる、知育スタンプです。おしたり、塗ったり、積んだり、転がしたり…と、「エポンテ」で遊ぶことで、自然と体が動きます。また計画して形を生みだしたり、たまたま生まれた形をなにかにみたててみたりと、「エポンテ」での遊びはあたまを動かし、想像力・創造力を育みます。「エポンテの森」では、ビルの大きな壁をキャンバスに、会場に広がるちょっとした手がかりを創作のヒントにしながら、からだ・あたまを使って、自由におもいっきり、お絵かきを楽しんでいただきます。

「エポンテ」で描く、“いきもの”
↑ 「エポンテ」で描く、“いきもの”

「エポンテ」で広がる、無限の“おしかた
↑ 「エポンテ」で広がる、無限の“おしかた”



2015年3月開催 「エポンテパーク」の様子

2015年3月開催 「エポンテパーク」の様子


発達心理学から生まれた知育スタンプ「エポンテ」とは?

想像力・創造力を育む“クリエイティブ・イマジネーション・トイ”想像力・創造力を育む
“クリエイティブ・イマジネーション・トイ”

「エポンテ」は、あそびを通じて想像性・創造性を育む事を目指し、発達心理学の権威である内田伸子先生監修のもと開発した、3才からあそべる知育スタンプ。発達心理学の領域では、3才~5才の時期に想像力・創造力を育む刺激を受けることは、知識づくりにも影響することが分かっています※。さらに、スタンプは手があまり発達していない時期でも頭の中のイメージを表現しやすいため、想像力や創造力を豊かにする手助けになると期待されています。
「エポンテ」は、そんな発達心理学の考えにのっとり、手があまり発達していない3才~5才の時期から使用でき、使う子どもによって使い方に工夫ができることを重視して開発しました。
※出典:内田伸子・浜野隆(編著)『世界の子育て格差‐子どもの貧困は超えられるか』金子書房 2012年


ワークショップコレクション11 in シブヤ

NPO法人CANVASが主催し、子どものための創造・表現の場を提供し、豊かな発想を養う土壌を育てることをミッションに、今年で11回目の開催となるワークショップイベント。過去イベントでは来場者数10万人を達成し、世界最大のこども創作イベントと評される。今回は、東京渋谷区の取り壊し前のオフィスビルを舞台に、100以上の魅力的なワークショップが集合し、会場内の壁・床・天井など空間全体が子どもたちに開放される。
(特設サイト:http://wsc.or.jp/)※こちらはNPO法人CANVASのWEBサイトになります。 


NPO 法人 CANVAS

子どもたちの創造力・表現力をはぐくむワークショップを全国で展開する NPO。さまざまなアーティストや専門家とプログラムを企画開発し、美術館、博物館、学校、大学、保育園、幼稚園など、さまざまなスペースで、ワークショップを展開。
(公式サイト:http://canvas.ws/)※こちらはNPO法人CANVASのWEBサイトになります。

 

<このリリースに関するお問い合わせ>

シヤチハタ株式会社
広報室 山口、丹羽

〒451−0021 名古屋市西区天塚町4−69
TEL 052−521−3613
FAX 052−521−3781
URL:http://www.shachihata.co.jp/
 

 
 
PAGE TOP