CPPシート薄肉化による省資源を実現 PP強化マスターバッチ NS-01R

専用の設備を導入することなく、CPPシートの強度を向上。省資源化に貢献するPP強化マスターバッチです。

PP強化マスターバッチNS-01Rは、既存の設備にて材料PP樹脂とドライブレンドするだけで、
引張降伏点応力、JIS引張破断強度が大幅にアップするペレット状の添加剤です。
これにより、材料の削減・輸送エネルギーの低下など省資源化を促進することができます。

NS-01R添加によって期待できる効果

NS-01RをPP樹脂に添加するだけで引張降伏点応力が約40%アップ。その強度アップ分を薄肉化することにより材料費を削減できます。

材料購入段階 材料コストダウン
材料の使用量が減るので C02発生量を抑えられます。

成型段階において、結晶化が促進される為、結晶化温度が上昇し生産性の向上が期待できます。

成型段階 生産コストダウン
生産の効率化によりC02発生量を抑えられます。

強度アップによる材質の薄肉化により製品重量を抑えることができ、輸送エネルギー・コストを減らすことができます。

輸送段階 輸送コストダウン
輸送エネルギーが小さくなりC02発生量を抑えられます。

材料量を減らすことで、おのずと廃棄時に資源量削減にも繋がり、環境負荷及び廃棄コストを軽減します。

廃棄段階 廃棄コストダウン
廃棄量が少なくなるのでC02発生量を抑えられます。
廃棄段階 廃棄コストダウン
添加量と強度UP効果の相関

添加による強度アップの仕組み

NS-01R添加時の結晶構造のイメージ

材料樹脂の結晶化が促進され、より秩序的だった結晶構造が形成されます。
結晶化が促進されても、フィルムの透明度を損なうことがありません。

NS-01R添加による強度アップ率 引張強度測定時のグラフ
性能表

法令および基準を遵守し、下記の注意事項をお読みのうえ正しく使用してください。

●添加方法について

・詳細な最適製造条件は、対象のPP樹脂グレードや、使用設備等によって異なります。
・高温の溶解樹脂は火傷の危険がありますので、ご注意ください。
・添加量が少ないため、プレブレンドによるマスターバッチのより均一な分散を推奨します。

●保管取り扱いについて

・ご使用には、「製品安全データシート」(SDS)をお読みください。
・ペレットがこぼれた時は、滑り、転倒防止の為にすぐ掃除をしてください。
・直射日光、水漏れ、急激な温度変化を避けて保管してください。
・可燃性材料ですので、火源から離して保管してください。
・万が一の燃焼時には、有害なガスを発生する恐れがありますので、保護具を着用する等ご注意ください。
・排水系統への漏出は、河川や海の環境に悪影響を及ぼす恐れがありますので、漏出防止に努め、必ず回収処理をしてください。
・関連の法律に従って適切に処分してください。

本書記載のデータは、弊社試験機にて下記条件で試作したCPPシートのものです。
実測値であり、保証値ではありません。
・シートの厚み:200μm
・押出温度:220℃
・冷却ロール温度:30℃
・使用したPPのグレード:ノバテックPP EG-8B(日本ポリプロピレン)

PP強化マスターバッチ NS−01Rに関するお問い合わせ先[新規事業本部]

シヤチハタ株式会社 新規事業部

〒451-0021 愛知県名古屋市西区天塚町4-69
TEL:052-686-0332
MBinfo@ngy.shachihata.co.jp

Copyright©2016 Shachihata Inc. All Rights Reserved.