スタンプラリー研究所

スタンプラリー研究所とは、スタンプラリーの歴史や文化についての情報や参加実態についての調査など、 スタンプラリーに関するあらゆる情報を集め、発信していく場です。 今後も、スタンプラリーの楽しさをお伝えするための情報を随時発信して参ります。

スタンプラリーの効果

期間:
2013年11月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日) ※4日間 11:00~18:00
場所:
大須商店街(名古屋市中区大須)
内容:
スタンプラリーの実証実験として、「大須商店街」内でスタンプラリーを実施。
日毎にスタンプラリーの設置数を変えて、それぞれの条件でスタンプラリーおよびアンケートを実施。
アンケートにお答えいただいた方に景品をプレゼント。
  • 11/9(土)  ⇒ 1か所でアンケートのみ実施
  • 11/10(日) ⇒ 5か所でスタンプラリーを実施
  • 11/16(土) ⇒ 10か所でスタンプラリーを実施
  • 11/17(日) ⇒ 15か所でスタンプラリーを実施

①回遊性について

スタンプラリーを実施する際に、ラリーポイントの設置数が多い方が立ち寄り店舗数が増す
(15箇所>10箇所>5箇所)
ラリーポイントを回る過程で店舗にも立ち寄ったと推測されます。
ラリー実施日別×立ち寄り店舗数のグラフ
「知らなかった店を発見」: ラリー参加者の38.6%
「入ったことのない店に入った」: ラリー参加者の35.1%
「入ったことのないエリアを訪れた」: ラリー参加者の23.9%

新店発見、新店開拓、新エリア開拓など、スタンプラリーによる回遊促進の成果がみられました。
新店発見、新店開拓、新エリア開拓に関するグラフ

②滞在時間

スタンプラリーを実施することで滞在時間が長くなる
実施日別×所要時間別(分)のグラフ
ポイントの設置数が多いと、より滞在時間が長くなる
(15箇所>10箇所>5箇所)
実施日別×所要時間別(分)のグラフ
ラリーポイントの番号を記す方が滞在時間が長くなる。
番号を記すことで参加者の動線をコントロールすることができたと推測されます。
番号指定ありなし×所要時間別(分)のグラフ

③副次的効果 満足度

性・年代問わず、スタンプラリーへの満足度は高く、特に10代のスコアが高い。
性別・年代別×スタンプラリー満足度のグラフ
スタンプラリーの完走率は約55~57%となり、箇所数が増えても低下しない。
ラリー実施日別×完走率のグラフ