eponte

おす。あそぶ。まなぶ。

【 あそびテンプレートのご利用方法 】
① お好きなテンプレートをクリックしてダウンロードしてください。
  一括ダウンロード(ファイルサイズ:約12.4MB)からダウンロード
  された方はZIPフォルダの解凍を行ってください。
② ダウンロードされたテンプレート(PDF)を任意のアプリケーションで開きます。
  PDFリーダーがない方はコチラ(無償)
③ 各アプリケーションのプリントアウト方法に従ってA4サイズでプリントしてください。
④ プリントされたテンプレートの説明や注意にしたがって、エポンテを使用してください。
※ 印刷する用紙はコピー用紙などの
 普通紙をご使用ください。

※ A4 サイズ・モノクロでのプリントを
 推奨しております。
カラースタンプ
あそび方ガイド 
あそび方ガイド 
カタチスタンプ
あそび方ガイド 
パズルスタンプ
あそび方ガイド  
パズルの答えはコチラから。
パズルスタンプ
あそび方ガイド 
01・02・03共通

  • ● 紙コップ(工作)

  • ● 紙粘土(花瓶)

  • ● コースター

  • ● キャンバス①

  • ● スケッチブック

  • ● 紙皿

  • ● キャンバス②

  • ● 帽子

  • ● ツリーブック

  • ● 立体パズル

  • ● インテリア雑貨

  • ● 釣りゲーム
何におすか?どのようにおすか?何をつくるか?
エポンテの使い方は、自由な発想によって広がります。
エポンテは、どのようなお子様も取り組みやすいことに加えて、オリジナルの工夫や発展した使い方がで きる余白がたくさん残されているツールです。そのような道具としての無限の可能性を感じて、東京都現 代美術館でエポンテを活用したワークショップを開催しました。
エポンテを使ってあそんでいる子どもたちは、まるでアーティストさながら。そこでは、平面の紙だけで なく、紙コップや紙皿といったインキがおせる立体物を活用し、エポンテのカタチや色を組み合わせて 「顔をつくること」をテーマとしました。ワークショップを通じて子どもたちがつくったこれらの作品は、 美術館の一角に展示されました。おなじ道具や素材でも、子どもたちそれぞれに広がる想像はさまざまで す。子どもたちの豊かな発想と向き合いながらワークショップをつくり開催していく。大人もエポンテを 楽しみながら活用し、自分たちの子ども心に気付いたり、子どもたちの創造性に感嘆したりする。
そんな風景がたくさんうまれていくことを願っています。
CANVAS
CANVASは、子どものための創造・表現の場を提供し、
豊かな発想を養う土壌を育てることを目標として2002年
11月に設立されたNPO法人。設立以来、
全国の美術館、博物館、小学校、放課後施設、大学等
さまざまなスペースを舞台にワークショップを展開。
2013年のワークショップコレクション in 慶應大学
日吉キャンパスでは2日間で10万人が来場。

公式サイト 
http://www.canvas.ws

熊井 晃史 くまい あきふみ

NPO 法人 CANVAS プロデューサー。
子どもたちの豊かな創造・表現活動の普及のため、ワークショップの企画開発や、 教材作成・空間プロデュース・まちづくり等、様々なフィールドを推進。 絵ポンテの開発に関わり、現代美術館、東京大学、渋谷でのワークショップ等、シャチハタ株式会社とともにエポンテを活用した遊びと学びを研究・実践中。