技術レポート

TOP技術レポートプラスチック類電子基板へのなつ印

電子基板へのなつ印

電子基板に捺印後、保護剤スプレーしても印影変化のないTATインキを知りたいというご要望をいただき調査いたしました。


使用環境
2次加工:なつ印後保護剤を塗布

なつ印対象物:一般的にポリアミド樹脂or
       エポキシ樹脂(材質)
保護剤の成分:溶剤系(ケトン・エステル系)

○・・・適 △・・・可 ×・・・不適

インキ品番:STSM
×保護剤スプレー後、印影が流れ、判読不可
<理由>
着色剤が溶剤系に溶けやすい性質の為

商品はこちら

インキ品番:STSP
△保護剤スプレー後、わずかに印影が流れる
<理由>
着色剤が溶剤系よりもアルコール系に溶けやすい性質の為

商品はこちら

インキ品番:M-281
○保護剤スプレー後も変化無く、良好
<理由>
着色剤が溶剤系よりもアルコール系に溶けやすい性質の為

商品はこちら

インキ品番:M-365
△保護剤スプレー後、わずかに印影が流れるが判読は可能。
<理由>
着色剤が溶剤系よりも石油系に溶けやすい性質の為

商品はこちら

本ページで紹介するインキには既に廃番となっているものが含まれています。
ご利用を検討される場合は、後継のインキ品番(品番の後ろに「N」または「-N」が入ります)にてご検討ください。

インキ品番と対応溶剤の一覧表

技術レポートTOPへ戻るカテゴリーTOPへ戻る

※本ページに掲載している情報は弊社が独自に調査・試験を行った結果です。
 なつ印の対象物のグレード、表面状態、使用条件により性能が異なる場合があり、
 全ての環境で同一の結果を保証するものではありません。

  • ページトップ